スケーリングやルートプレーニングなどの基本的な処置を行っても歯周ポケットが5mm以上残ってしまった場合、外科的な治療を検討する事になるでしょう。

その外科的治療として行われるのが「フラップ手術」と呼ばれるものです。「歯肉剥離掻爬術」とも言います。

局部麻酔を行った後、メスで歯肉を切開し、根面を露出させます。その状態でスケーリングやルートプレーニングを行い、汚れを徹底的に取り除くという方法です。

その後、歯肉を元の状態に戻して縫合したら手術は終了です。歯科医師が見やすく作業しやすい状態で行う為、汚れを取り残すという事はまずないと言えるでしょう。

手術後は歯周ポケットが浅くなり、セルフケアもしやすくなります。基本治療やフラップ手術で歯周病菌が潜んでいる汚れを除去する事ができれば、歯周病の進行はストップし、歯周組織の炎症は改善されるでしょう。

しかしながら、破壊が歯槽骨にまで及んでいる場合には、原因を除去しても溶けてしまった歯槽骨を完全に元通りにする事は出来ません。

ここまで進行していた場合には、こわれた土台を作り直す「歯周組織再生療法」が推奨される事が多いようです。

現在主に行われているのは「GTR法」「エムドゲイン法」「リグロスを使う治療」です。

フラップ手術で歯周ポケットの奥の汚れを取り除くと、歯槽骨に穴が開いたような状態になります。歯周組織は歯周病の原因となっている汚れが除去されれば再生しようとします。しかし歯槽骨よりも歯肉上皮の方が再生スピードは速い為、歯槽骨が再生される前に、歯肉上皮で埋まってしまうのです。そこでGTR法を用いて人工膜で壁を作り、歯槽骨が再生する空間を確保します。

エムドゲイン法はエムドゲインゲルという幼若な豚の歯胚から精製したたんぱく質を穴の部分に塗り、骨の再生を促すという方法です。

一方で、リグロスは遺伝子組み換え技術によって製造したたんぱく質で、エムドゲイン法と手法は同じです。

>>「美麗健在な歯を目指し」TOP