インプラント治療は、顎の骨に人工の歯根を埋めこみ、それを土台として人工歯を装着します。

インプラント(人工歯根)に使用されるチタンは、歯と結合する性質がある為、人工歯を固定する事ができるのです。1本からすべての歯を失った場合まで対応でき、どの部位でも治療が可能です。

ただし、インプラント治療は顎の骨に人工歯根を埋めこむ必要がある事から、外科手術を行う必要があります。全身状態が悪い人はリスクが高くなる為、手術を受けられない事もあります。また、合併症を引き起こす可能性もありますから、事前に全身の状態をきちんと歯科医師に話しておく事が大切です。

さらに自費診療なので、入歯やブリッジに比べて費用が高くなるというのもインプラントの難点だといえるでしょう。このように、補綴物にはメリットもデメリットも存在します。

しかし失った歯を補う方法として、選択肢が1つしかないケースは稀だと言えるでしょう。「この方法しかありません。ご決断ください」というように選択を急かすような場合は要注意かもしれません。

患者さんのお口の状況からどのような選択肢があるのか、治療すると将来どのようになるのかを予測して説明をしっかり行うというのは歯科医師の責任でしょう。

患者さんはこうした説明をしっかり聴き、不安や疑問はしっかり解決して納得した上で、自分の希望と照らし合わせて考えてみてください。

>>「美麗健在な歯を目指し」TOP