Column

注目したい点

特に、歯科医に対して奉仕している印象ではなくて「その患者さんにとっての最善」を配慮している姿が見えるか否かが大切だと思います。

歯科医が患者さんの治療に熱心であり、医療スタッフが「患者さんの為なら、歯科医と議論する事も辞さない」、言い合える雰囲気のある歯科医院なら間違いないのではないかと思います。逆に、職員が先生の顔色を窺ってばかりというのは如何なものかと思います。

他にも、「機械は最新でなくとも、手入れがしっかりしている」というのも大切なポイントだと思います。今日の歯科医療において、機械性能差で治療に決定的な差が生じるという事はまずないと思います。ぴかぴかの高い最新機器ばかり揃えて経営を圧迫してしまうより、多少古くともしっかりと手入れされている歯科医がいいでしょう。

最新機器か否かというのは素人目に見たら難しいかもしれませんが、少なくとも器機にホコリが溜まっているようなら大減点だと言えるでしょう。最近では診療情報を掲載した電子カルテと歯科用レセコンを連携させて診療情報明細を作成するところも多いですし、機材をしっかり管理できていないところだと、個人情報の管理も心配ですね。