Column

案外知らない入れ歯のお手入れ方法

入れ歯のお手入れにお悩みをお持ちの方が多いようですが、入れ歯のお手入れは間違った方法で行なっておりますと、細菌の繁殖などにつながり口臭の原因にもなり兼ねませんので、かかりつけ歯科医師などから正しいメンテナンス方法をアドバイスいただきながら、基本的なお手入れを毎日継続して行なっていきましょう。

入れ歯をご自宅でセルフケアするためには、お食事の後、一度入れ歯を外していただき、水道水などの流水とともに入れ歯専用の歯ブラシなどでブラッシングを行います。ブラッシングでは、入れ歯の表面上についたプラークなどを落としていただきます。

この時に歯磨き粉をご利用になられていらっしゃる方々もいらっしゃるようですが、歯磨き粉には研磨剤などが使われていることがあり研磨剤の成分が、入れ歯の表面に細かい傷を作ってしまう可能性がありますので、入れ歯のお手入れの際には、研磨剤などが含まれている歯磨き粉のご使用は控えましょう。入れ歯の表面を傷つけてしまいますと、その細かい傷の中に細菌が住み着いてしまい、お口の中の環境を悪化させてしまう可能性があります。

また入れ歯の表面に住み着いた細菌が口臭の原因となってしまうケースもあるようです。流水とブラッシングで入れ歯の表面の汚れをきれいに落としましたら、入れ歯専用の洗浄剤のなかで歯をつけ置きし除菌することを基本的な毎日のケアとして行なっていただくことが大切です。